高齢者の靴選び

(A) 加齢変化
骨密度
骨密度は40代程度から減少し始め、70歳を迎えるころには、成人の約75%になってしまいます。従って、転倒や骨折の予防が年配者の靴選びは大切なポイントとなります。
機能低下
筋力・靭帯・血液循環ともに加齢に伴い、衰えます。従って、軽量の靴選びは大切なポイントとなります。
皮膚感覚
皮膚感覚にも衰えが見えるため、靴内の環境が大切になります。通気性や衛生面に配慮が必要となります。
歩行変化
老化につれて、歩幅、歩行速度は減少します。左右の足の開き幅は、加齢とともに、増加する傾向にあります。歩行速度にも比例しますが、加齢に伴い遊脚期が減少し両脚支持期が上昇します。踵の上がる角度も減少し、いわゆる「すり足」歩行となります。


(B) 靴のフィッティング
素材は柔らかく、通気性の高いもの、アウトソールは軽量化とかえりに特にポイントを置いてください。
太すぎる靴型は要注意
靴選びの際、幅広すぎる靴型や足囲が大きすぎる靴型は、重さを感じるようになるとともに、歩行の妨げとなります。あまり大きすぎる靴型は考えものです。また、肌への感覚を柔らかくするために、ソフトな素材が良いでしょう。
ヒールの高さに注意する
転倒予防のためには、ヒールの高い靴は不適切ですが、その一方で長年ヒールの高い靴を履いていると、下腿三等筋が緊張し、収縮した状態になっている場合があります。その場合、いきなりヒールのない靴を履くと、後ろに倒れるような感じがします。年齢が若い場合は、もう一度ストレッチをかねて、緊張をほぐしますが、高齢者の場合は、柔軟性に欠けるので、そのあたりも考える必要があります。また、歩行自体には、ヒールが少しあったほうが歩きやすいと言えます。
高齢者の足の特徴
現代の20代に比べ、年配者の足は、足長は小さいが、足囲、足幅、踵幅は広い。比較的しっかりとした足体といえます。
             子供の靴

足には個性があります。



一人一人、顔が違うように足もそれぞれ
特徴があり、違っているんですよ。
靴のサイズも大まかに決まっているだけなのでどうしても、いろんな問題が起こってしまいます。
靴ズレしやすい、つまずきやすい、片方だけが減る足に痛い部分がある、など様々です。そして問題なのは、足の裏にフィットしているかどうか。中敷きの大切さ、体験できますよ!
ショッピングセンターの中なので気軽に寄ってください。

日本人の足の特徴 

欧米人に比べ、骨や筋肉が細く、扁平足気味であり、甲の部分が薄く、踵も細いことが特徴です。開張足(横のアーチが沈んだ状態)気味の人が多く、股関節の関係から脚長差(両足を比べた場合の長さの違うこと)もよく見受けられます。このような特徴を踏まえたうえで単なるコンフォートシューズではなく、アインラーゲン(中敷)調整ができる靴が必要とされています。

子供の足の特徴

子供の足の特徴
① 骨の数が少ない。
成人の足の骨の数が26本に対して、乳児ですと20本程度で、それ以外は軟骨で形成されています。また、骨も柔らかく、変形を起こしやすいので、大人以上に靴による保護が必要になります。
② 後足部が成長する。
大人と子供では後足部の大きさの割合が違います。足の骨の中でも後足部が最も成長するため、カウンター(踵がしっかりした)などで保護し,内外反などを予防する必要があります。
③ 成長のスピード
子供の足は、生後6ヶ月〜2歳までは年間2センチ程度、2歳から3歳は15〜2センチ3歳からは1センチ程度成長します。従って、小学校に入る前には、最低でも年2回は靴のサイズを交換する必要があります。さらに、大きくなるのは足指ではなく、後足部ですので、この時期に正しく保護しないと踵の内外反の原因になります。
子供の足は、単に大人の足を、小さくしただけではありません。

現代の子供の足

① 薄くて細い足が急増
踵が小さいまま大人に現代の子供の足の特徴は、薄くて細いこと。踵が小さいことなどが上げられます。これは生活習慣、運動不足などが考えられています.従って靴のラスト(形)は、細い足に対応でき、甲でしっかりと留められる靴が必要です。
② 中学生の女の子の25%が外反母趾
中学一年生の女の子の約25%が外反母趾と言う調査結果も出ており、中高年のトラブルと思われがちの外反母趾も、その要因は子供の時期にできます。また男子に比べ圧倒的に多いのは、靴にその原因があると思われます。
③ 筋力の低下とふにゃふにゃ足
最近の子供の足をよく「こんにゃく足」と呼びますが、筋力の低下は明らかな特徴です。
また、子供に増加している骨折も,カルシウム不足だけが原因ではなく、筋力の低下
が大きく影響していると言われています。
これらの現状を考えると、靴による足の保護と運動の強化が必要なことが分かります。

足に関しての様々な症状でお悩みの方

当店では足の無料健康診断を行っております。20分~30分ほどかかりますので、予約が必要です。普段から歩くのが辛い、足が痛くなる、など何らかの足の悩みのある方を対象としております。
お分かりにならないことがございましたらTEL 0166-65-2163 までお電話ください。

足のトラブル

足の主な疾患
外反母趾 魚の目・タコ 内反小指 扁平足 開張足 
外反足 内反足 凹足 脚長差 腰痛 
膝痛  リュウマチ 
糖尿病 巻爪
モートン病 強剛拇指 足底腱膜炎

ウォーキング&スポーツ(足底板)

ウォーキングシューズやスポーツシューズに装着が可能で、種目別スポーツなどのトラブルにも対応できます。また、スポーツ種目別専用に変更が可能です。
サイズ/22,5〜30cm
 
 現在、お客様がお履きになっている靴にご使用の場合は取り外し可能な
適度な厚さのインソールが入っているかどうかをご確認ください。

子供用アインラーゲン(足底板)

最近、お子様の足にも多くのトラブルが見受けられます。もちろん靴が大事なのは当然のことですが足をしっかりと支えるアインラーゲンも重要です。
サイズ/14cm〜22cm

スポーツ専用アインラーゲン(足底板)

スポーツ専用なので本格的な競技などに最適です。もちろん競技別、トラブル別調整が可能です。