フスフレーゲ(フットケア)とは?

    フスフレーゲの目的


今日、女性の多くが仕事を持ち外出、旅行などの機会が多くなるなど
     ライフスタイルの急激な多様化に伴い、靴による足の変形障害が目立って
     おり、今後これらのトラブルがますます増えるものとみられます。

 
フスフレーゲでは、足の健康を考え、足をすこやかに美しく保つため、足を清潔にすること、
足の疲労回復、足の美容を主なねらいとしています。
 
足を清潔にすること 足湯を使って足を洗浄し、汚れを取ると同時に雑菌の感染を防ぎます。
 

    足の疲労回復

   足湯、マッサージを行い、適切なアドバイスをして、足のむくみや、
         ほてり、筋肉痛をやわらげ、疲労を回復させます。

    足の美容

     爪を正しく切り,形を整えます。
         足の角質かした部分、たこ、魚の目を取り除いて,足をすこやかにし、
         靴を快適に履くことが出来るようにします。
         踵のささくれなど皮膚の荒れを防ぎ、足をなめらかにします。

 

    「フスフレーゲ」の言葉の由来

         フスフレーゲとは、ドイツ語でfusspflegeと書き、足の手入れ、ケアを
         意味します。
         (fussは足、pflegeは手入れ、ケア)ここで「足」は足首から指先までを
         指し、足首から上は「脚」として区別します。
         またフスフレーゲを行う人は、ドイツ語で
         フスフレーガーと呼びます。

Comments are closed.