アインラーゲン(中敷)と疲れの関係

 足にピッタリと合った靴とは足の長さや幅があっていることはもちろんのことですが実は、足の裏に接するアインラーゲン(中敷)が重要なのです。
特に土踏まずのサポート。
パワーの伝達は、アインラーゲン(中敷)がピッタリと合っていないと機能しません。正しくあったアインラーゲンでは、アーチの低下を防いでくれ、より快適な歩行が可能になります。また、日本人の足には、開張足(横のアーチが沈んだ状態)や、脚長差(股関節の関係で両足の長さが違うこと)が多くに見受けられ、そのために単なるコンフォートシューズではなく、アインラーゲンの調整のできるオートペディシューテクニック(整形外科的技術)が必要とされるのです。
当店では豊富なアインラーゲンをはじめ、アインラーゲンの調整を行う技術者がおります。

    アインラーゲン(中敷)の役割

 

     (1) 踵の安定

     (2) 衝撃の緩和

     (3) 土踏まずのサポート

     (4) 母指へのパワー伝達

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

Leave a Reply

Spam Protection by WP-SpamFree