靴の役割

    靴の役割
    1)足の保護

靴は、暑さや寒さから足を守るだけではなく、アスファルトや石の道を歩くことで生じる衝撃や摩擦をやわらげ、足を守る役目を担っています。

    2)足の機能のサポート

歩くという動作は、つま先で蹴り、足を引き上げ、踵から地面に着地する、この繰り返しです。歩くときの一連の動作がスムーズに流れるように、足の機能をサポートするのも靴の大切な働きです。

    3)ファッション

 靴には、足はもちろん、体全体のバランスを美しく見せるための役割もあります。
これら3つの役割を満足させる靴が、理想の靴です。
朝から晩まで靴を履き続け、一生の間に私たちは靴とともに何万キロをも歩き続けます。着飾るだけの靴ではダメ。足を痛める靴もペケです。
足や体を優しく保護してくれ、その上十分に美しく「今」を感じさせてくれる靴でなくてはなりません。
靴に対して、もっと欲張りになりましょう。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

Leave a Reply

Spam Protection by WP-SpamFree