リュウマチ

関節リュウマチ

体の多くの関節に炎症が起こり、関節が腫れて痛む病気です。進行すると関節の変形と機能障害が起こります。
4:1の割合で女性です。
どの年齢層の人にも起きますが、30代から50代で発病する事が多いようです。

症状

    1時間以上続く朝のこわばり
    3個所以上の関節の腫れ(炎症 押すと柔らかい)
    手の関節の腫れ
    関節の腫れ、痛み(天候に左右される)
    関節破壊、変形、しびれ感
    疲れやすい,脱力感、食欲減少、体重減少

靴対策
リュウマチでよく見られる足の症状は、外反母趾、外反扁平足、ハンマートゥなどが代表的です。

    除痛・除圧対策  足裏の圧の分散と軽減を考えたアインラーゲン「足底板)の作成。
    変形予防     正しいフィッテングによる関節の変形予防と進行の鈍化。
    歩行補助対策   靴底の調整で歩きやすく
    履きやすさ    手の不自由な方にも履けるデザインや機能性。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

Leave a Reply

Spam Protection by WP-SpamFree