フットケア 

(完全予約制)

ドイツ語では,フスフレーゲとは 足の手入れとケアを意味します。

間違った靴選びや足のトラブルにより出来たタコ、魚の目、巻き爪、などは
正しい靴選びはもちろんのこと、手入れする事が大切と考えます。

足の健康を考え足をすこやかに美しく保つため、足を清潔にし、足の疲労回復、足の美容を目的としたドイツ式のフットケアのことを言います。肥厚した爪や巻き爪、タコ、ウオノメ、角質など様々なトラブルもケアすることが可能です。最近「爪に元気がない」「ウオノメがあり痛くて歩くのがつらい」「角質がひどくて人前で裸足になるのが恥ずかしい」等々感じている方は是非一度フスフレーゲを体験してみてください。

以下に基本的な流れとコース内容をご説明いたします。

フスフレーゲの流れ

まず最初にフットバス(足湯)に足を2〜3分程度浸します。

次に足、爪の状態を確認しながらケアします。

(肥厚した爪、角質は健康的な厚さまで削ります。)

全てのケアが完了しましたら、もう一度フットバスに足を浸していただき洗浄します。

最後にクリームを塗り、フットマッサージをして終了です。

(フットマッサージはお客様の体調や持病の有無によって制限させて戴く場合がございます。)
(完全予約制)

フルコース(約60分)¥8,400  料金表

お問い合わせ

1 Comment to “フットケア ”