内反小趾

内反小趾
(足の小指が曲がり付け根の骨が飛び出して炎症を起こします)

 足の小指が親指の方向へ曲がり,小指の付け根の骨が飛び出してきた症状です。
つきだした部分が靴に当たって炎症を起こし痛みます。
 また小指の付け根に付加が集中するために、その部分に魚の目やタコができて
痛むこともあります。
 つま先が窮屈な靴を履いていると、小指の爪が小さくなったり、爪が肉に食い込む
陥入爪なったりすることもあります。

内反小趾の多くは足に合っていなかったり窮屈な靴を無理にはき続けしたことが原因です。

 窮屈な靴はもちろんですが,靴の中で足が動いてしまうような靴も避け、足の甲で
固定できるヒモ靴を履くように心がけ
 必ず守ってほしいのは

履くたびにきちんとヒモを、結ぶようにします。

1 Comment to “内反小趾”