ハンマートウ

(指が関節の部分で凸型に屈曲し元に戻らなくなります)

 足の指の形が木づちのようになるので、ハンマートウという名前がつきました。

 靴や靴下の中で足先がのばせない状態が続いて親指と小指以外の指の関節が曲がったままになって、元に戻らなくなってしまった状態。
 曲がった関節に靴が当たり、タコや魚の目などが出来ることもあります。
軽いうちは,我慢できるぐらいの痛みなので、ほうっておく人が多いようです。
自分がハンマートウであると気付かずにいることも珍しくありません。
 ハンマートウであるかどうかを見分けるには、まず素足で立って体重を前方にかけます。
もし、足の指が関節の部分で上下に「く」の字に曲がっているようならば、間違いなく
ハンマートウです。
 
 つま先にゆとりがない、先が細い小さな靴や、窮屈な靴下を無理して履いているとなりやすいです。
特につま先に体重がかかりやすいハイヒールは危険です。

 ハンマートウの人は,指先がのばせる靴にすることが第一です。
いちどなってしまったら原因となった靴はもう履かずに、

自分にあった靴を履くようにしてください。

靴を選ぶ時には、5本すべての指の先にゆとりがあることが必要です。
ただし、ゆとりが必要なのは長さであって幅ではありません。
 そしてつま先で立ってみて、靴の中で指を握る感じに自由に動かすことが出来れば
その靴はぴったり合っています。
      お問い合わせ

Comments are closed.