現代の子供の足

① 薄くて細い足が急増
踵が小さいまま大人に現代の子供の足の特徴は、薄くて細いこと。踵が小さいことなどが上げられます。これは生活習慣、運動不足などが考えられています.従って靴のラスト(形)は、細い足に対応でき、甲でしっかりと留められる靴が必要です。
② 中学生の女の子の25%が外反母趾
中学一年生の女の子の約25%が外反母趾と言う調査結果も出ており、中高年のトラブルと思われがちの外反母趾も、その要因は子供の時期にできます。また男子に比べ圧倒的に多いのは、靴にその原因があると思われます。
③ 筋力の低下とふにゃふにゃ足
最近の子供の足をよく「こんにゃく足」と呼びますが、筋力の低下は明らかな特徴です。
また、子供に増加している骨折も,カルシウム不足だけが原因ではなく、筋力の低下
が大きく影響していると言われています。
これらの現状を考えると、靴による足の保護と運動の強化が必要なことが分かります。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

Leave a Reply

Spam Protection by WP-SpamFree