子供の足の特徴

子供の足の特徴
① 骨の数が少ない。
成人の足の骨の数が26本に対して、乳児ですと20本程度で、それ以外は軟骨で形成されています。また、骨も柔らかく、変形を起こしやすいので、大人以上に靴による保護が必要になります。
② 後足部が成長する。
大人と子供では後足部の大きさの割合が違います。足の骨の中でも後足部が最も成長するため、カウンター(踵がしっかりした)などで保護し,内外反などを予防する必要があります。
③ 成長のスピード
子供の足は、生後6ヶ月〜2歳までは年間2センチ程度、2歳から3歳は15〜2センチ3歳からは1センチ程度成長します。従って、小学校に入る前には、最低でも年2回は靴のサイズを交換する必要があります。さらに、大きくなるのは足指ではなく、後足部ですので、この時期に正しく保護しないと踵の内外反の原因になります。
子供の足は、単に大人の足を、小さくしただけではありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

Leave a Reply

Spam Protection by WP-SpamFree