日本人の足の特徴 

欧米人に比べ、骨や筋肉が細く、扁平足気味であり、甲の部分が薄く、踵も細いことが特徴です。開張足(横のアーチが沈んだ状態)気味の人が多く、股関節の関係から脚長差(両足を比べた場合の長さの違うこと)もよく見受けられます。このような特徴を踏まえたうえで単なるコンフォートシューズではなく、アインラーゲン(中敷)調整ができる靴が必要とされています。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

Leave a Reply

Spam Protection by WP-SpamFree